二条 諷詠

四十九日法要の仕出しも承っております

二条諷詠では四十九日法要の仕出しも承っております。故人を偲ぶ大切なお集まりが少しでもより良いものになるよう、食を通じて貢献させて頂きます。

 

四十九日法要とは

 

そもそも四十九日法要とは何を指すのでしょうか?

まず、命日から7日毎に行われる法事法要の行事を「忌日法要」と呼びます。

 

初七日は故人が三途の川のほとりに到着する日と言われています。そして四十九日では故人が極楽浄土に行けるように供養する日となります。

 

四十九日法要で行うこと

 

四十九日法要では何を行うのが一般的なのでしょうか?

まずは納骨です。納骨法要は四十九日にて行われるのが一般的と言われています。

 

次に開眼法要と言われるもので、白木位牌を本位牌に変え、新たに仏壇を購入した際に魂入れをする儀式となります。

 

そして四十九日法要の最後に行われるのが、御斎と言われる会食です。

 

四十九日法要の会食で一般的な仕出しとは

 

御斎と言われる会食では、お寺・自宅・ホテル・セレモニーホールなどで行われるのが一般的です。

昨今では法事法要も少人数にかつカジュアルになることで、ご自宅にて御斎の会食をされる機会が増えてきました。

 

京都での四十九日の仕出しでは、2,000円〜5,000円くらいのご予算で仕出しをご用意されることが多いです。

二条諷詠では下記の仕出し弁当をよくご注文いただきます。

28.鰻ごはんと牛すき焼きの二段御膳

36.手毬と烏鰈の煮付の二段会席御膳

 

上記は一部で、法事法要の商品一覧としては下記も人気でございます。

https://nijofuuei.com/product-category/houyou/?orderby=menu_order

 

まとめ

大切な故人の四十九日法要だからこそ、当日が円滑に行われるように喪主の皆様も気を遣われると思います。

 

仕出しの準備も前もってご準備されることもあれば、忙しくギリギリになられるケースも多々です。

 

二条諷詠ではどのような形であっても、四十九日法要の仕出しがより良いものになるため、最大限サポートさせて頂きます。内容が確定せずに迷われることがあっても、熟練のスタッフが親身にサポートさせて頂きますので、ご安心してお問い合わせくださいませ。

 

ブログ一覧へ戻る

Delivery area

送料無料金額:0円〜

上京区・中京区・下京区

送料:0円

送料無料金額:10,000円〜

南区・東山区・山科区・
左京区(一部)・右京区(一部)

送料無料金額に満たない場合:送料1,000円

送料無料金額:15,000円〜

西京区(一部)・
伏見区(一部)・北区(一部)

送料無料金額に満たない場合:送料1,500円

上記以外にご配送の方は個別でご連絡くださいませ。