二条 諷詠

2020年の土曜丑の日は2回です!

毎年恒例の土曜丑の日。2020年は2回の年ですね。

今年は7月21日(土)が一の丑。

8月2日(日)が二の丑となります。

 

二条諷詠の鰻商品も昨年より大幅にレベルアップ!

 

63.鰻幕の内弁当【当日注文可能】

 

64.鰻と牛ステーキの御膳【当日注文可能】

 

13.鯛ごはんと鰻ごはんのプレミアム九重幕の内弁当【当日注文可能】

今年は昨年よりも品揃えが増え、

また鰻もよりふっくら美味しく仕上がりました!

 

さてさて、この土曜丑の日の発祥は諸説あります。

平賀源内が1774年に言い始めたというのが

最もポピュラーで有名な話ですね。

 

栄養価の高いうなぎを食べることが夏バテ防止に繋がるという切り口ですが、

実は夏場に閑散とした鰻屋にアドバイスする中で

上記が始まったというのもユニークな話です。

 

少し話はそれますが、京都の夏の魚で有名な鱧。

 

これも当時は決して人気だからという理由ではなく、

暑い夏場に海鮮のものを運ぶ際にどうしてもダメになる食材が多い中、

鱧は生命力が強く結果的に京都に流通が行き渡った。

 

それから名物になっていったというのも、

こちらも面白いなと思います。

もちろん、鰻も鱧も美味しいので大歓迎ですね!

 

鰻はお弁当にするとどうしても皮の部分が硬くなるため、

諷詠では皮目と身の方で少し調理方法を変え、

お弁当でもふっくら美味しく召し上がっていただけるように準備しています。

 

有難い事に早くも鰻弁当のご予約を頂戴しているのですが、

昨年も直近になるとどうしても混み合いご迷惑をおかけしました。

 

店頭・配送どちらでも対応は可能でございますので、

夏の暑さや梅雨のジメジメなど、体力が少し減る時期に、

二条諷詠のうなぎ弁当の仕出し・デリバリーが少しでも体力回復の一助になりましたら幸いです。

ブログ一覧へ戻る

Delivery area

送料無料金額:0円〜

上京区・中京区・下京区

送料:0円

送料無料金額:10,000円〜

南区・東山区・山科区・
左京区(一部)・右京区(一部)

送料無料金額に満たない場合:送料1,000円

送料無料金額:15,000円〜

西京区(一部)・
伏見区(一部)・北区(一部)

送料無料金額に満たない場合:送料1,500円

上記以外にご配送の方は個別でご連絡くださいませ。